Development

Changeset 28424

You must first sign up to be able to contribute.

Changeset 28424

Show
Ignore:
Timestamp:
03/09/10 08:55:41 (5 years ago)
Author:
masaki
Message:

[doc-ja][1.4] added the missing parts

Files:

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
Copied
Moved
  • doc/branches/1.4/reference/ja/16-Tasks.markdown

    r28078 r28424  
    88    $ php symfony 
    99 
    10 `-V`オプションを渡すことで、symfony のバージョンと CLI で使われる symfony ライブラリのパス情報が得られます: 
     10`-V` オプションを渡すことで、symfony のバージョンと CLI で使われる symfony ライブラリのパス情報が得られます: 
    1111 
    1212    $ php symfony -V 
     
    177177### ~`app::routes`~ 
    178178 
    179 `app::routes` タスクは現在のアプリケーションのルートを表示する: 
     179`app::routes` タスクはアプリケーションの現在のルートを表示する: 
    180180 
    181181    $ php symfony app:routes  application [name] 
     
    186186| `name`        | `-`       | ルートの名前 
    187187 
    188 `app:routes` は現在のアプリケーションのルートを表示します: 
     188`app:routes` はアプリケーションの現在のルートを表示します: 
    189189 
    190190    ./symfony app:routes frontend 
     
    199199    $ php symfony cache:clear [--app[="..."]] [--env[="..."]] [--type[="..."]]  
    200200 
    201 *エイリアス*: `cc、clear-cache
     201*エイリアス*: `cc
    202202 
    203203| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
     
    229229    ./symfony cache:clear --type=config --env=prod 
    230230 
    231 type オプションの組み込みの引数は次のりです: `config`、`i18n`、`routing`、`module` と `template` 
     231type オプションの組み込みの引数は次のとおりです: `config`、`i18n`、`routing`、`module` と `template` 
    232232 
    233233 
     
    290290    ./symfony configure:database --name=main --class=ProjectDatabase mysql:host=localhost;dbname=example root mYsEcret 
    291291 
    292 WARNING: `Propel` データベースを使い `app` なしで `all` 環境を設定するときは `propel.ini` ファイルも更新されます。 
     292**警告**: `Propel` データベースを使い `app` なしで `all` 環境を設定するときは `propel.ini` ファイルも更新されます。 
    293293 
    294294`doctrine` 
     
    321321    ./symfony doctrine:build 
    322322 
    323 ビルドしたいものを指定しなければなりません。たとえば、`--model` と `--forms` オプションをつけてモデルとフォームクラスをビルドしたいとします: 
     323ビルドしたいものを指定しなければなりません。たとえば、モデルとフォームクラスをビルドしたければ`--model` と `--forms` オプションをつけます: 
    324324 
    325325    ./symfony doctrine:build --model --forms 
    326326 
    327 すべてのクラスと SQL を生成させてデータベースをリビルドしたければ `--all` ショートカットオプションを使うことができます: 
     327すべてのクラスと SQL を生成させてデータベースをリビルドしたければ `--all` ショートカットオプションをつけます: 
    328328 
    329329    ./symfony doctrine:build --all 
     
    376376| `--env`                   | `dev`       | 環境 
    377377 
    378 `doctrine:build-db` タスクは `config/databases.yml` のコンフィギュレーションをもとに 1 つもしくは複数のデータベースを作ります: 
     378`doctrine:build-db` タスクは `config/databases.yml` のコンフィギュレーションをもとに1つもしくは複数のデータベースを作ります: 
    379379 
    380380    ./symfony doctrine:build-db 
     
    436436    $ php symfony doctrine:build-model [--application[="..."]] [--env="..."]  
    437437 
    438 *エイリアス*: `doctrine-build-model` 
    439  
    440438| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
    441439| -------------------------- | ---------- | ------------------------ 
     
    449447このタスクはプロジェクトと有効なすべてのプラグインから `config/doctrine/*.yml` のスキーマ情報を読み込みます。 
    450448 
    451 モデルクラスファイルは `lib/model/doctrine` 作られます。 
     449モデルクラスファイルは `lib/model/doctrine` 作られます。 
    452450 
    453451このタスクは `lib/model/doctrine` のなかのカスタムタスクを上書きすることはありません。これは `lib/model/doctrine/base` のファイルのみを置き換えます。 
     
    469467    ./symfony doctrine:build-schema 
    470468 
    471 このタスクは `config/doctrine` に YAML ファイルを作ります。 
     469このタスクは YAML ファイルを `config/doctrine` に作ります。 
    472470 
    473471### ~`doctrine::build-sql`~ 
     
    482480| `--env`                      | `dev`      | 環境 
    483481 
    484 `doctrine:build-sql` タスクはテーブル作成用の SQL ステートメントを作ります: 
     482`doctrine:build-sql` タスクはテーブル作成用の SQL を作ります: 
    485483 
    486484    ./symfony doctrine:build-sql 
    487485 
    488 生成 SQL は `config/databases.yml` で設定されるデータベース向けに最適化されます: 
     486生成 SQL は `config/databases.yml` で設定されるデータベースに合わせて最適化されます: 
    489487 
    490488    doctrine.database = mysql 
     
    548546このタスクはデータベースのデータを `data/fixtures/%target%` にダンプします。 
    549547 
    550 `doctrine:data-load` タスクを使うことでダンプファイルを YAML フォーマットで再インポートできます。 
     548`doctrine:data-load` タスクを使うことで YAML フォーマットのダンプファイルを再インポートできます。 
    551549 
    552550    ./symfony doctrine:data-load 
     
    556554`doctrine::data-load` タスクは YAML フィクスチャデータをロードする: 
    557555 
    558     $ php symfony doctrine:data-load [--application[="..."]] [--env="..."] [--append] [--connection="..."] [--dir="..."]  
     556    $ php symfony doctrine:data-load [--application[="..."]] [--env="..."] [--append] [dir_or_file1] ... [dir_or_fileN] 
    559557 
    560558 
     
    588586`doctrine::delete-model-files` タスクは任意のモデル名に関連する自動生成されたファイルをすべて削除する: 
    589587 
    590     $ php symfony doctrine:delete-model-files [--no-confirmation] name 
     588    $ php symfony doctrine:delete-model-files [--no-confirmation] name1 ... [nameN] 
    591589 
    592590| 引数   | デフォルト  | 説明 
     
    606604`doctrine::dql` タスクは DQL クエリを実行し結果を表示する: 
    607605 
    608     $ php symfony doctrine:dql [--application[="..."]] [--env="..."] [--show-sql] [--table] dql_query 
     606    $ php symfony doctrine:dql [--application[="..."]] [--env="..."] [--show-sql] [--table] dql_query [parameter1] ... [parameterN] 
    609607 
    610608 
     
    612610| ----------- | ---------- | ------------------- 
    613611| `dql_query` | `-`        | 実行する DQL クエリ 
     612| `parameter` | `-`        | クエリパラメータ 
    614613 
    615614| オプション (ショートカット) | デフォルト  | 説明 
     
    628627    ./symfony doctrine:dql --show-sql "FROM User" 
    629628 
    630 クエリパラメーターを追加の引数として渡します: 
     629追加の引数としてクエリパラメーターを渡すことができます: 
    631630 
    632631    ./symfony doctrine:dql "FROM User WHERE email LIKE ?" "%symfony-project.com" 
     
    648647| `--no-confirmation`        | `-`        | データベースの削除を強制するか 
    649648 
    650 `doctrine:drop-db` タスクはデータベースを削除します: 
     649`doctrine:drop-db` タスクは `config/databases.yml` のコンフィギュレーションをもとに1つもしくは複数のデータベースを削除します: 
    651650 
    652651    ./symfony doctrine:drop-db 
    653652 
    654 このタスクは `config/databases.yml` の接続情報を読み込みます: 
     653`--no-confirmation` オプションを提供しないかぎりデータベースが削除される前に確認を催促されます: 
     654 
     655    ./symfony doctrine:drop-db --no-confirmation 
     656 
     657名前を提供することで削除したいデータベースを指定できます: 
     658 
     659    ./symfony doctrine:drop-db slave1 slave2 
    655660 
    656661### ~`doctrine::generate-admin`~ 
     
    691696このタスクは `routing.yml` で見つかる `%article%` ルートの `%frontend%` アプリケーションのモジュールを作ります。 
    692697 
    693 フィルターとバッチアクションを適切に動作させるために、`wildcard` オプションをルートに追加する必要があります: 
     698フィルターとバッチアクションを適切に動かすには、`wildcard` オプションをルートに追加する必要があります: 
    694699 
    695700    article: 
     
    785790| `module`              | `-`         | モジュールの名前 
    786791| `model`               | `-`         | モデルクラスの名前 
    787 | `--actions-base-class`| `sfActions` | アクションの基底クラス  
    788  
     792  
    789793| オプション (ショートカット) | デフォルト  | 説明 
    790794| -------------------------- | ---------- | ---------------------------------- 
     
    798802| `--with-doctrine-route`    | `-`        | Doctrine のルートを使うかどうか 
    799803| `--env`                    | `dev`      | 環境 
     804| `--actions-base-class`| `sfActions` | アクションの基底クラス 
    800805 
    801806`doctrine:generate-module` タスクは Doctrine のモジュールを生成します: 
     
    814819 
    815820この方法では、独自仕様に合わせてモジュールジェネレーターを作ることができます。 
     821 
     822生成モジュールのアクションの基底クラス (デフォルトは `sfActions`) を変更することもできます: 
     823 
     824    ./symfony doctrine:generate-module --actions-base-class="ProjectActions" frontend article Article 
    816825 
    817826### ~`doctrine::generate-module-for-route`~ 
     
    857866    ./symfony doctrine:insert-sql 
    858867 
    859 このタスクはデータベースに接続しすべての `lib/model/doctrine/*.class.php` ファイルのテーブルを作ります。 
     868このタスクはデータベースに接続しすべての `lib/model/doctrine/*.class.php` ファイルのためのテーブルを作ります。 
    860869 
    861870### ~`doctrine::migrate`~ 
     
    893902    ./symfony doctrine:migrate --down 
    894903 
    895 データベースが DDL ステートメントのロールバックをサポートする場合、`--dry-run` オプションを使ってドライモードでマイグレーションを実行できます: 
     904データベースが DDL 文のロールバックをサポートする場合、`--dry-run` オプションを指定することでドライモードでマイグレーションを実行できます: 
    896905 
    897906    ./symfony doctrine:migrate --dry-run 
     
    919928    ./symfony generate:app frontend 
    920929 
    921 このタスクは 2 つのフロントコントローラーも `web/` ディレクトリに作ります: 
     930このタスクは2つのフロントコントローラーも `web/` ディレクトリに作ります: 
    922931 
    923932    web/%application%.php     運用環境 
     
    928937すでに同じ名前のアプリケーションが存在する場合、`sfCommandException` が投げられます。 
    929938 
    930 デフォルトでは、XSS を阻止するために出力エスケーピングが有効で、CSRF を阻止するためにランダムな秘密の文字列も生成されます。 
     939デフォルトでは、XSS を阻止するために出力エスケーピングが有効で、CSRF も阻止するためにランダムな秘密の文字列が生成されます。 
    931940 
    932941`escaping-strategy` オプションをつけることで出力エスケーピングを無効にできます: 
     
    945954 
    946955    $ php symfony generate:module  application module 
    947  
    948 *エイリアス*: `init-module` 
    949956 
    950957| 引数          | デフォルト  | 説明 
     
    965972`%sf_data_dir%/skeleton/module` ディレクトリを作ることでタスクに使われるデフォルトのスケルトンをカスタマイズできます。 
    966973 
    967 `%sf_test_dir%/functional/%application%/%module%ActionsTest.class.php` という名前の機能テストのスタブも作ります。これはデフォルトではパスしません。 
     974`%sf_test_dir%/functional/%application%/%module%ActionsTest.class.php` という名前の機能テストのスタブも作ります。デフォルトではこのスタブはテストに通りません。 
    968975 
    969976すでにアプリケーションに同じ名前のモジュールがある場合、`sfCommandException` が投げられます。 
     
    9931000すでに現在のディレクトリが symfony のプロジェクトに収められている場合、`sfCommandException` が投げられます。 
    9941001 
    995 デフォルトでは、タスクは ORM として Doctrine を設定します。Propel を使いたい場合 `--orm` オプションを指定します: 
     1002デフォルトでは、タスクは ORM として Doctrine を設定します。Propel を使いたい場合 `--orm` オプションを指定します: 
    9961003 
    9971004    ./symfony generate:project blog --orm=Propel 
     
    10051012    ./symfony generate:project blog --installer=./installer.php 
    10061013 
    1007 symfony が新しいクラスを生成するときにオプションとして著者の名前を指定するために 2 番目の引数として `author` を渡すことができます: 
     1014symfony が新しいクラスを生成するときにオプションとして著者の名前を指定するために2番目の引数として `author` を渡すことができます: 
    10081015 
    10091016    ./symfony generate:project blog "Jack Doe" 
     
    10171024| 引数        | デフォルト  | 説明 
    10181025| ----------- | ---------- | --------------------------------------- 
    1019 | `task_name` | `-`        | タスクの名前 (名前空間を含ことができる) 
     1026| `task_name` | `-`        | タスクの名前 (名前空間を含めることができる) 
    10201027 
    10211028| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
     
    10861093    ./symfony i18n:extract --display-old frontend fr 
    10871094 
    1088 古い文字列を自動的に削除するには `--auto-delete` を指定しますが、とりわけプラグインの翻訳がある場合、これらは現在のではなく古い文字列として現れるので、注意してください: 
     1095古い文字列を自動的に削除するには `--auto-delete` を指定しますが、とりわけプラグインの翻訳がある場合、これらは現在の文字列ではなく古い文字列として現れるので、注意してください: 
    10891096 
    10901097    ./symfony i18n:extract --auto-delete frontend fr 
     
    11441151| `--period`    | `7`        | 日にち単位の期間 
    11451152 
    1146 `log:rotate` タスクは任意の環境のアプリケーションログファイルのローテーションを行います: 
     1153`log:rotate` タスクは任意の環境のアプリケーションにおいてログファイルのローテーションを行います: 
    11471154 
    11481155    ./symfony log:rotate frontend dev 
     
    12201227    ./symfony plugin:install http://somewhere.example.com/sfGuardPlugin-1.0.0.tgz 
    12211228 
    1222 もしくはローカルな PEAR パッケージ
     1229もしくはローカルな PEAR パッケージをインストールすることができます
    12231230 
    12241231    ./symfony plugin:install /home/fabien/plugins/sfGuardPlugin-1.0.0.tgz 
    12251232 
    1226 プラグインに Web コンテンツ(画像、スタイルシートもしくは JavaScript) が収められている場合、このタスクはこれらのアセットのために `web/` の下で `%name%` シンボリックリンクを作ります。Windows では、このタスクはこれらすべてのファイルを `web/%name%` ディレクトリにコピーします。 
     1233プラグインにウェブコンテンツ(画像、スタイルシートもしくは JavaScript) が収められている場合、このタスクはこれらのアセットのために `web/` の下で `%name%` シンボリックリンクを作ります。Windows では、このタスクはこれらすべてのファイルを `web/%name%` ディレクトリにコピーします。 
    12271234 
    12281235### ~`plugin::list`~ 
     
    12401247### ~`plugin::publish-assets`~ 
    12411248 
    1242 `plugin::publish-assets` タスクはすべてのプラグインの Web アセットを公開する: 
     1249`plugin::publish-assets` タスクはすべてのプラグインのウェブアセットを公開する: 
    12431250 
    12441251    $ php symfony plugin:publish-assets [--core-only] [plugins1] ... [pluginsN] 
     
    12521259| `--core-only`              | `-`       | セットされている場合コアプラグインのみがアセットを公開します 
    12531260 
    1254 `plugin:publish-assets` タスクはすべてのプラグインから Web アセットを公開します。 
     1261`plugin:publish-assets` タスクはすべてのプラグインからウェブアセットを公開します。 
    12551262 
    12561263    ./symfony plugin:publish-assets 
     
    12581265実際これはそれぞれのプラグインに `plugin.post_install` イベントを送信します。 
    12591266 
    1260 これらのプラグインの名前を引数として渡すことで 1 つもしくは複数のプラグインがアセットをインストールするか指定できます: 
     1267引数としてこれらのプラグインの名前を渡すことで1つもしくは複数のプラグインがアセットをインストールするか指定できます: 
    12611268 
    12621269    ./symfony plugin:publish-assets sfDoctrinePlugin 
     
    12891296デフォルトのチャンネルは `symfony` です。 
    12901297 
    1291 異なるチャンネルを持つプラグインをアンインストールすることもできます: 
     1298異なるチャンネルにあるプラグインをアンインストールすることもできます: 
    12921299 
    12931300    ./symfony plugin:uninstall --channel=mypearchannel sfGuardPlugin 
     
    13011308`plugin:list` タスクを立ち上げることでプラグインの PEAR チャンネル名を得られます。 
    13021309 
    1303 プラグインに Web コンテンツ (画像、スタイルシートもしくは JavaScript) が収められている場合、タスクは `web/%name%` シンボリックリンク (Unix 系) もしくはディレクトリ (Windows) も削除します。 
     1310ウェブコンテンツ (画像、スタイルシートもしくは JavaScript) がプラグインに収められている場合、タスクは `web/%name%` シンボリックリンク (Unix 系) もしくはディレクトリ (Windows) も削除します。 
    13041311 
    13051312### ~`plugin::upgrade`~ 
     
    13291336デフォルトのチャンネルは `symfony` です。 
    13301337 
    1331 プラグインに Web コンテンツ (画像、スタイルシートもしくは JavaScript) が収められている場合、Windows ではこのタスクは `web/%name%` ディレクトリの内容を更新します。 
     1338ウェブコンテンツ (画像、スタイルシートもしくは JavaScript) がプラグインに収められている場合、Windows ではこのタスクは `web/%name%` ディレクトリの内容を更新します。 
    13321339 
    13331340プラグインの名前とオプションのフォーマットの詳しい情報は `plugin:install` を参照してください。 
     
    13541361運用サーバーで運用コントローラースクリプト以外のすべてのフロントコントローラーを削除するためにこのタスクを使うことができます。 
    13551362 
    1356 `frontend` と `backend` という名前の 2 つのアプリケーションがある場合、`web/` に 4 つのデフォルトコントローラーがあります: 
     1363`frontend` と `backend` という名前の2つのアプリケーションがある場合、`web/` に4つのデフォルトコントローラーがあります: 
    13571364 
    13581365    index.php 
     
    13611368    backend_dev.php 
    13621369 
    1363 `project:clear-controllers` タスクを実行した後で、`web/` に 2 つのコントローラースクリプトが残されています: 
     1370`project:clear-controllers` タスクを実行した後で、`web/` に2つのコントローラースクリプトが残されています: 
    13641371 
    13651372    index.php 
    13661373    backend.php 
    13671374 
    1368 これらの 2 つのコントローラーはデバッグモードと Web デバッグツールバーが無効なので安全です。 
     1375これらの2つのコントローラーはデバッグモードとウェブデバッグツールバーが無効なので安全です。 
    13691376 
    13701377### ~`project::deploy`~ 
     
    13831390| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
    13841391| -------------------------- | ------- | ----------- 
    1385 | `--go` | `-` | デプロイを実行する 
    1386 | `--rsync-dir` | `config` | rsync*.txt ファイルを探すディレクトリ 
     1392| `--go`            | `-`      | デプロイを実行する 
     1393| `--rsync-dir`     | `config` | `rsync*.txt` ファイルを探すディレクトリ 
    13871394| `--rsync-options` | `-azC --force --delete --progress` | rsync の実行ファイルに渡すオプション 
    13881395 
     
    14031410デプロイを自動化するために、タスクは SSH を通して rsync を使います。SSH アクセス権限をキーもしくは `config/properties.ini` でパスワードを設定しなければなりません。 
    14041411 
    1405 デフォルトでは、タスクは dry-mode にあります。本当にデプロイを実行するには、`--go` オプションを渡さなければなりません: 
     1412デフォルトでは、タスクはドライモードです。本当にデプロイを実行するには、`--go` オプションを渡さなければなりません: 
    14061413 
    14071414    ./symfony project:deploy --go production 
     
    14201427    ./symfony project:deploy --go --rsync-dir=config/production production 
    14211428 
    1422 最後に、`rsync-options` オプションを使って rsync の実行ファイルに渡すオプションを指定することができます (デフォルトは `-azC --force --delete --progress`): 
     1429最後に、`rsync-options` オプションをつけることで rsync の実行ファイルに渡すオプションを指定することができます (デフォルトは `-azC --force --delete --progress`): 
    14231430 
    14241431    ./symfony project:deploy --go --rsync-options=-avz 
     
    14981505`project::permissions` タスクは symfony のディレクトリのパーミッションを修正する: 
    14991506 
    1500     $ php symfony project:send-emails [--application[="..."]] [--env="..."] [--message-limit[="..."]] [--time-limit[="..."]]  
     1507    $ php symfony project:permissions 
     1508 
    15011509 
    15021510`project:permissions` タスクはディレクトリのパーミッションを修正します: 
     
    15851593    ./symfony propel:insert-sql 
    15861594 
    1587 `--all-classes` ショートカットオプションを使ってクラスファイルのみを生成することもできます。このオプションが単独で指定されるとき、データベースは修正されません。 
     1595`--all-classes` ショートカットオプションをつけることでクラスファイルのみを生成することもできます。このオプションが単独で指定されるとき、データベースは修正されません。 
    15881596 
    15891597    ./symfony propel:build --all-classes 
     
    16171625| `--phing-arg`                 | `-`        | Phing の任意の引数 (複数の値が可能) 
    16181626 
    1619 `propel:build-all` タスクはほかの 5 つのタスクのショートカットです: 
     1627`propel:build-all` タスクはほかの5つのタスクのショートカットです: 
    16201628 
    16211629    ./symfony propel:build-all 
     
    16451653    $ php symfony propel:build-all-load [--application[="..."]] [--env="..."] [--connection="..."] [--no-confirmation] [-F|--skip-forms] [-C|--classes-only] [--phing-arg="..."] [--append] [--dir="..."] 
    16461654 
    1647 | オプション (ショートカット)  | デフォルト | 説明 
     1655| オプション (ショートカット)  | デフォルト | 説明 
    16481656| ---------------------------- | ---------- | --------------------------------------------------- 
    16491657| `--application`              | `1`        | アプリケーションの名前 
     
    16531661| `--skip-forms`<br />`(-F)`   | `-`        | フォーム生成を省く 
    16541662| `--classes-only`<br />`(-C)` | `-`        | データベースを初期化しない 
    1655 | `--phing-arg`                | `-`        | Phing の任意の引数 (複数の値が可
     1663| `--phing-arg`                | `-`        | Phing の任意の引数 (複数の値が可
    16561664| `--append`                   | `-`        | データベースの現在の値を削除しない 
    16571665| `--dir`                      | `-`        | フィクスチャを探すディレクトリ (複数の値が許可される) 
    16581666 
    1659 `propel:build-all-load` タスクはほかの 2 つのタスクのショートカットです: 
     1667`propel:build-all-load` タスクはほかの2つのタスクのショートカットです: 
    16601668 
    16611669    ./symfony propel:build-all-load 
     
    16781686    $ php symfony propel:build-filters [--connection="..."] [--model-dir-name="..."] [--filter-dir-name="..."] [--application[="..."]] [--generator-class="..."] 
    16791687 
    1680 | オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
    1681 | -------------------------- | ---------- | ------------------------------------ 
     1688| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
     1689| --------------------------- | ---------- | ------------------------------------ 
    16821690| `--connection`      | `propel`   | 接続名 
    16831691| `--model-dir-name`  | `model`    | モデルディレクトリ名 
     
    17071715 
    17081716 
    1709 | オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
    1710 | -------------------------- | ---------- | -------------------------- 
     1717| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
     1718| --------------------------- | ---------- | -------------------------- 
    17111719| `--connection`      | `propel`   | 接続名 
    17121720| `--model-dir-name`  | `model`    | モデルディレクトリの名前 
     
    17201728    ./symfony propel:build-forms 
    17211729 
    1722 このタスクはプロジェクトとインストールしたすべてのプラグインから `config/*schema.xml` かつもしくは `config/*schema.yml` のスキーマ情報を読み込みます。 
     1730このタスクはプロジェクトとインストールしたすべてのプラグインから `config/*schema.xml` かつ/もしくは `config/*schema.yml` のスキーマ情報を読み込みます。 
    17231731 
    17241732このタスクは `config/databases.yml` で定義される `propel` 接続を使います。`--connection` オプションをつけることで別の接続を使うことができます: 
     
    17441752    ./symfony propel:build-model 
    17451753 
    1746 このタスクはプロジェクトとインストールされたすべてのプラグインから `config/*schema.xml` かつもしくは `config/*schema.yml` のスキーマ情報を読み込みます。 
     1754このタスクはプロジェクトとインストールされたすべてのプラグインから `config/*schema.xml` かつ/もしくは `config/*schema.yml` のスキーマ情報を読み込みます。 
    17471755 
    17481756YAML と XML スキーマファイルを混ぜることができます。このタスクは Propel タスクを呼び出す前に YAML を XML に変換します。 
     
    17851793 
    17861794 
    1787 | オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
    1788 | -------------------------- | ---------- | ----------------------------------- 
    1789 | `--phing-arg`              | `-`        | Phing の任意の引数 (複数の値が可能) 
    1790  
    1791 `propel:build-sql` タスクはテーブル作成用の SQL ステートメントを作ります: 
     1795| オプション (ショートカット) | デフォルト | 説明 
     1796| --------------------------- | ---------- | ----------------------------------- 
     1797| `--phing-arg`              | `-`        | Phing の任意の引数 (複数の値が可能) 
     1798 
     1799`propel:build-sql` タスクはテーブル作成用の SQL を作ります: 
    17921800 
    17931801    ./symfony propel:build-sql 
    17941802 
    1795 生成される SQL は `config/propel.ini`で 設定されるデータベースに最適化されます: 
     1803生成される SQL は `config/propel.ini`で 設定されるデータベースに合わせて最適化されます: 
    17961804 
    17971805    propel.database = mysql 
     
    19171925    ./symfony propel:generate-admin frontend article 
    19181926 
    1919 このタスクは `routing.yml` で見つかる `%article%` のために `%frontend% アプリケーションでモジュールを作ります。 
     1927このタスクは `routing.yml` で見つかる `%article%` のために `%frontend%` アプリケーションでモジュールを作ります。 
    19201928 
    19211929フィルターとバッチアクションが適切に動くようにするには、`with_wildcard_routes` オプションをルートに追加する必要があります: 
     
    19701978    ./symfony propel:generate-module --theme="custom" frontend article Article 
    19711979 
    1972 この方法では、独自の慣習で独自のモジュールジェネレーターを作ることができます。 
     1980この方法では、独自の慣習に合わせてモジュールジェネレーターを作ることができます。 
    19731981 
    19741982生成モジュールのデフォルトの基底クラス (sfActions) を変更することもできます: 
     
    20482056    ./symfony propel:insert-sql 
    20492057 
    2050 タスクはデータベースに接続して `config/sql/*schema.sql` ファイルで見つかるすべての SQL ステートメントを実行します。 
     2058タスクはデータベースに接続して `config/sql/*schema.sql` ファイルで見つかるすべての SQL を実行します。 
    20512059 
    20522060実行の前に、データベースのすべてのデータを削除するので本当に実行するかどうかをタスクはあなたに尋ねます。 
     
    20582066タスクは `databases.yml` からデータベースコンフィギュレーションを読み込みます。`--application` もしくは `--env` オプションを渡すことで特定のアプリケーション/環境を使うことができます。 
    20592067 
    2060 任意の接続で SQL ステートメントのみをロードしたい場合、`--connection` オプションを指定することもできます。 
     2068任意の接続で SQL のみをロードしたい場合、`--connection` オプションを指定することもできます。 
    20612069 
    20622070### ~`propel::schema-to-xml`~ 
     
    21392147もしくは `test:unit` と `test:functional` タスクでこれらのテストスイートを立ち上げることで問題の修正にとりかかることもできます。 
    21402148 
    2141 以前の実行のときに通らなかったテストのみの実行を強制するために `--only-failed` オプションをつけます: 
     2149以前の実行のときに通らなかったテストのみの実行を強制するには `--only-failed` オプションをつけます: 
    21422150 
    21432151    ./symfony test:all --only-failed 
    21442152 
    2145 どのように動くのは次の通りです: 最初に、通常のようにすべてのテストが実行されます。しかしその後実行されるテストでは、前回通らなかったテストのみが実行されます。コードを修正するにつれて、テストの一部が通るようになり、その後の実行から除外されるようになります。すべてのテストが通るとき、フルテストスイートが実行され、繰り返すことができます。 
     2153どのように動くのは次のとおりです: 最初に、通常のようにすべてのテストが実行されます。しかしその後実行されるテストでは、前回通らなかったテストのみが実行されます。コードを修正するにつれて、テストの一部が通るようになり、その後の実行から除外されるようになります。すべてのテストが通るとき、フルテストスイートが実行され、徹底的に繰り返すことができます。 
    21462154 
    21472155このタスクは `--xml` オプションで JUnit と互換性のある XML ログファイルを出力することができます: 
     
    21932201このタスクは `test/functional/%application%` で見つかるすべてのテストを立ち上げます。 
    21942202 
    2195 テストの一部が通らないのであれば、通らないことに関する詳しい情報を表示するために `--trace` オプションをつけます: 
     2203テストの一部が通らないのであれば、通らないことに関する詳しい情報を表示するために `--trace` オプションをつけることができます: 
    21962204 
    21972205    ./symfony test:functional frontend -t